株式会社 ブレーンセンター

実績一覧

実績
統合レポートの企画及び制作支援

コニカミノルタ株式会社 様

実績写真実績写真

課題

  • 統合レポートとして、ステークホルダーに自社の企業価値、中長期の成長戦略を多面的に伝えたい。
  • 会社案内やCSRレポートなど、他のメディアとの連動、効率化を図りたい。

ソリューション

  • コニカミノルタ様の価値創造モデルを図式化。
  • 社外取締役と議長の対談による生の声を掲載し、ガバナンスの実効性を実証。
  • 会社案内やCSRレポートと連動させ、制作プロセスを効率化し、費用と工数を低減。
コニカミノルタ株式会社 様
世界50カ国に拠点を持ち、連結従業員が43,000人を超えるグローバル企業。(2016年3月末)
複合機(MFP)をはじめ、ヘルスケア用機器、機能性フィルムなどの開発・製造・販売を行う。近年では、顧客の業務フローの改善など経営課題を解決するソリューション・サービス事業への業容転換(トランスフォーム)を強化している。

長年、会社案内パンフレットおよびCSRレポートの制作を当社がお手伝いしていましたが、2015年版から統合レポート(アニュアルレポート)も担当させていただくことになりました。

2年目となる2016年版では、コニカミノルタ様が中期経営計画のもとで取り組んでこられた、創造的破壊による業容転換を、海外の事例を交えてわかりやすく、かつ明確なメッセージで訴求するとともに、コーポレートガバナンス、CSRマネジメント、バリューチェーンを通じた価値創造など、ESG情報の発信を一層強化した企画をご提案しました。特に取締役会議長と社外取締役の対談では、執行役を兼務しない社内取締役の役割を明確化するなど、執行と監督の分離が明確で、機関投資家からの高い評価につながっておられます。

さらに、レポート作成にとどまらず、各ツールの連動やイメージの統一、効率化にも貢献させていただきました。

コニカミノルタ株式会社様の『アニュアルレポート2016』が「第19回 日経アニュアルリポートアウォード」の準グランプリを受賞しました。

ここがポイント!

実績写真
米国特集と、新事業開発(BIC)特集で、グローバルでの業容転換を訴求
実績写真
社外取締役と取締役会議長の 対談でガバナンス力を わかりやすく紹介
実績写真
バリューチェーンを切り口に、 コニカミノルタ様の価値創造 および各活動を紹介

お客様の声

顔写真

これからも良きパートナーとして、さらに進化した提案を期待しています

コニカミノルタ株式会社
経営企画部 IRグループリーダー
部長
白井 一郎 様

当社のIR活動では、ミーティングやIRイベントによる投資家様との直接対話を重視していますが、時間とリソースには限界があります。

そこで、アニュアルレポートのようなIRツールやIRサイトを充実させ、情報発信力の強化に努めています。

2016年度版アニュアルレポートでは、創造的破壊による業容転換を軸とした成長戦略を語る経営トップのメッセージを起点に、ダイバシティやグローバル経営、コーポレートガバナンス、CSRマネジメント、バリューチェーンを通じた価値創造など、非財務情報の発信を一層強化しました。ブレーンセンター様には、当社への深い企業理解の基盤の上にさまざまなご提案をいただき、投資家様のニーズに応える統合レポートに仕上げていただきました。

この度の「第19回 日経アニュアルリポートアウォード 準グランプリ受賞」の栄誉も、そのことを裏付ける社外的なご評価として、一定の手応えを感じています。

これからも、ブレーンセンター様には、アニュアルレポートをはじめとしたコーポレートツール制作のパートナーとして、当社の情報発信の課題に対する最適な解決策のご提案を期待しています。

(掲載内容は2017年4月取材当時のものです)

実績一覧

株式会社 ブレーンセンター

お問い合わせ